埋没法に関する質問、最新情報

眼瞼下垂TOP > 埋没法の最新情報

さらに詳しく埋没法を知ろう!! 埋没法に関するご質問 埋没法に関するさまざまな疑問や質問についてまとめてみました。失敗しない埋没法、医者に騙されないためにも正しい知識は大切です。

これで完璧!! 埋没法の基礎知識 ちょっと待って!! 埋没法の問題点 埋没法を知ろう!! 0埋没法に関する質問集 体験談は貴重!埋没法の口コミ どこで受けたらいいの? 埋没法の名医

埋没法に関するよくあるご質問

切らない埋没法ってありますが、切らずに糸で止めることなんてできるんでしょうか?もしそういった方法があるのなら教えて欲しいんですが。
切らない埋没法と表現している美容外科もあるようですが、常識的に考えても切らずに糸を埋め込むことは不可能です。明らかな課題表現による客寄せでしかありません。埋没法の場合、糸の結び目を皮下に収めなくてはいけませんので、1、2㎜の皮膚の切開は必ず必要になるものであることを知っておきましょう。
また、メスを使わない=切らないという印象を持たてる方も多いのですが、メスを使わずに皮膚を切っています。それは注射針で皮膚を切開する医師もいますし、埋没法で使う針で皮膚を裂いて皮膚を切る医師もいます。どんな埋没法であっても切らずに手術することはできませんから。

ただし、結膜側に結び目を作成する埋没法の場合は糸を通すだけですので針を刺すだけで治療できます。しかし、結膜側に結び目を作るということは大きなリスクを背負うことになります。それは埋没法で使う糸の結び目というのは硬いんです。特に埋没法の糸はナイロン糸ですからそれが結膜側にあると異物感を感じてしまったり、最悪の場合露出すると眼球を傷つける可能性があります。

安全性を考えると結膜側で糸の結び目を作る埋没法は絶対に受けるべきではありません。表面側に結び目を作っても仮に膨らんでも再度かけ直せば済むことです。異物感や眼球へのダメージを考えるとなんらデメリットになることはありません。

結び目の問題は絶対に避けては通れません。もちろん多くの方に影響を及ぼすわけではありません。非常に少ないケースですが、だからこそリスクのある埋没法は受けるべきではありません。また、そのような埋没法を平然とおこなう医師の医療モラルの低さ、しいては技術レベルの低さを露呈しているのと同じことが言えるのです。

Copyright(C)まぶたの治療 mabuta-wiki - 総合サイト. All Rights Reserved.